スッキリあやかさん

散らかりにくい部屋の作り方

片づいた部屋を維持する方法と、片づけの際に注意すべきこと

 

 f:id:sukkiri_ayaka3:20200926111217p:plain

 このブログは現在工事作業を行っております。

詳しくはこちら

f:id:sukkiri_ayaka3:20201018134155p:plain


もしも家中の「整理」と「収納」を完璧に終わらせることができたとしたら、その後、片づいた部屋を維持するにはどうすればよいでしょうか。

この記事では、一度片づいた部屋を維持する方法と、それをふまえて片づけの際に注意すべきことについてお話します。

是非、片づけを始める前にお読みください。

 

モノを増やさない

家の収納スペースは、ある程度限られています。

「どんどん大きな家に住み替えていくぞ!」という方以外は、無限にモノを増やすことはできないですよね。

 

どのくらいの量が適正かというのは、特に決まっていることではありません。

ただ、スッキリした状態を保ちたいのであれば、自分で一度「ここまで」と決めた "モノの総量" を超えないようするのが、一番の近道ではないかと思います。

 

増やさないためには

私の姉は昔から持ちモノが少なく、いつも部屋がスッキリしていました。

 

洋服を一緒に買いに行くと、鏡の前でものすごくじっくりと考えます。

気に入っているなら買えばいいのに…と以前は思っていましたが、本人曰く「いま自分のクローゼットにある服を、1着手放してでも手に入れたいと思うか」を考えているのだそう。

 

彼女のクローゼットは、常にハンガーの数が一定です。

だから、洋服の整理を何度もする必要が無いのです。

 

お買い物は入れ替え作業

これは洋服だけでなく、あらゆるモノに通じます。

 

お買い物をする際は、新しく手に入れるモノをどこに収納すれば良いか、予め考えてみましょう。

そうすれば、収納場所に余裕がない場合、何かを手放さなければ新たなモノを迎え入れられないということが分かるはず。

 

お買い物は、より良いモノに出会った時に、自分の持ちモノを "入れ替える作業" なのです。

 

片づけの際に注意すべきこと

上記のことを踏まえると、これから「整理」と「収納」を進めていく際、途中で新たなモノを手に入れないよう注意しなくてはなりません。

新たにモノが入ってきてしまっては、また別のモノを手放す必要があり、作業がスムーズに進まなくなるからです。

特に「減らす」「捨てる」ことが苦手だと思っている方は、減らすと同時に、増やさない努力が必要です。

 

これは、お買い物が好きな方にとっては一つの大きなハードルかもしれません。

しかし、一度「整理」と「収納」が完璧に終わった暁には、新たにモノを購入する際、それはそれはじっくり検討するようになるはずです。

 

ですから、もしあなたが本気で片づけを終わらせたいのであれば、ここは一つ腹をくくって、理想のお家が完成するまで「買わず!もらわず!持ち込ませず!」を徹底することをおすすめします。