スッキリあやかさん

散らかりにくい部屋の作り方

シンデレラフィットに要注意!

 

 f:id:sukkiri_ayaka3:20200926111217p:plain

 このブログは現在工事作業を行っております。

詳しくはこちら

f:id:sukkiri_ayaka3:20200601110247j:image

 

こういう収納、Instagramなどでよく見かけませんか?

でも、引っ越しをした時、もしくは片付けを決意した時、早速自宅の収納のサイズを測って、ピッタリはまるケースを買おうとする方は、要注意!

私もそういうタイプだったので、お気持ちはとてもよく分かります。

 

なぜ要注意なのかというと、ケースを先に選んでしまっては、中に入れられるモノが限られてしまうからです。

あくまでも、入れるモノあっての収納!

まずは、"中に入れるモノのサイズ"から測るべきなのです。

 

順番としては…

①カテゴリーごとに整理する。(家に残すモノをきちんと厳選するのが大前提)

②何がどこの収納に入っていて欲しいかを考える。

・洋服は寝室のクローゼット?

・文房具はリビングの引き出し?

・本は寝室?リビング?廊下?

・洗剤のストックはリビングの棚?それとも洗面台の下?…など。

③容量的に収まるかどうか、とりあえず入れてみる。

④収納場所やモノの量を調整する。

⑤入れたい順番や場所を、さらに細かくイメージしてみる。

⑥モノのサイズを測る。(フィットしそうな箱や紙袋があれば、入れてみる)

⑦収納場所のサイズを測る。

⑧ケースが必要な場合は、⑥⑦を考慮し、縦横高さ何ミリのケースがいくつ必要なのか、しっかりチェックして購入を!!

 

フライパンの入ったファイルケースが、ビヨーンと変形しているのを見たことはありませんか?

変形してしまうような状態では、いつか限界がきます。

そんなことにならないように、収納用品は、中に入れるモノファーストで選びましょう。