スッキリあやかさん

散らかりにくい部屋の作り方

片付けで人生が変わる理由

 

 f:id:sukkiri_ayaka3:20200926111217p:plain

 このブログは現在工事作業を行っております。

詳しくはこちら

日々の暮らしで片付けに悩んでいる人は、一生に一度でいいから、本気で整理収納に取り組むべきです。
それは、今後の人生が必ず変わるからです。
今日は、片付け(整理収納に取り組むこと)で人生が変わる理由について、お伝えします。

片付けの基本では、『片付け=全てのモノを定位置に戻すこと』と説明していますが、この記事では『片付け』を広義にとらえ、『整理収納に取り組むこと』としています。

 

ステップ1

整理収納には、3つの大きな効果があると言われています。

経済的効果

使いたいモノがどこにあるか分からなくて、新しいモノを買ったり、食材を買いすぎて、賞味期限が切れてしまったりした経験はありませんか?

 

自分の持ち物を整理して、取り出しやすくしまいやすい収納を作ると、無駄な買い物をしなくなります。
つまり、お金の節約につながり、お財布に余裕が出てくるのです。

 

時間的効果

探し物をしたり、せっかく買い物に行ったのに必要なモノを買い忘れたりすると、余計な時間がかかりますよね。

 

自分の持ち物を全て把握して、一つ残らず、どこに何があるのか分かるようになれば、在庫管理がしやすくなるため、探し物や買い忘れがなくなり、時間に余裕が生まれます。

 

精神的効果

散らかっている部屋では、なんだかやる気が出てこなかったり、目から入る情報が多すぎてイライラしたりするもの。
部屋を整えると、心が落ち着き、疲れを癒すことができるようになります。
なにより、経済的にも時間的にも余裕ができれば、心にもゆとりが生まれますよね。

 

ステップ2

ステップ1の3つは、整理収納を行った"結果"得られる効果ですが、整理収納を行う"過程"では、沢山の力が養われます。

 

判断力が磨かれる

整理とは、いまの自分にとって必要か不必要かを判断する作業。
目の前のモノについて一つ一つ、これは気に入っているか、どうして必要だと思うか、あるいはどうして使わなくなったのか、自分に問いかけることを繰り返していくと、次第に判断力が身についていきます。

 

すると、今後の人生で目の前に問題が発生した時、自分がどうしたいか、どうするべきかを、適切に判断することができるようになるのです。

 

決断力が付く

不必要なモノを思い切って手放すということを繰り返していくと、自分にとって不必要な思考や時間、関係性なども、思い切って手放すことができるようになります。
断つことができるようになれば、決めることができるようになるのです。

 

カテゴライズする力が高まる

収納では、同じカテゴリーのモノを一か所に集めて配置していきます。
この作業を繰り返すことで、カテゴライズする力が向上します。


例えば、頭の中の『やりたいこと』『行きたい場所』『会いたい人』『なりたい自分』
『解決しなければならない課題』…
頭のあちこちに散らかっている思考を仕分けしながら、一つずつ向き合うことができるようになるのです。

 

ステップ3

整理収納の作業が進むに従って、自分自身が変わってきていることに気付く瞬間があります。

 

幸せを選択できるようになる

人生には沢山の選択肢があって、自分で道を選んで突き進まなければなりません。
仕事も、人間関係も、毎日の食事も、休日の過ごし方も…
駅までの道のりを、走るのか、せかせか歩くのか、のんびり歩くのか、はたまたスキップするのか、選ぶのは自分自身で、何を選ぶかは自由です。

 

感情だって、不機嫌でイライラしたままでいるのか、イライラの原因を突き止め、行動を起こして、上機嫌にチェンジするのか、選ぶのは自分自身なのです。

 

片付けの際、沢山の選択肢の中からお気に入りを選ぶという作業を繰り返すことによって、人生においても、自分が本気で『素敵!幸せ!』と思えるものを、選択できるようになっていきます。

 

自己肯定感が上がる

常に理想の自分を思い浮かべて、その自分に近づける努力を重ね、『できた!』という達成感を味わうと、少しずつ、自分のことを好きになることができます。

 

心に従って選択する力が付くと、買い物をするときも、いまの自分が買える一番良い(と思う)モノを自分に与えてあげられるようになります。
高いか安いかではなく、自分が素敵だと思えるモノです。

 

好きなモノを選択し、好きなモノに囲まれる生活を送ると、無意識のうちに、これを選択して良かった!自分の判断は正しかった!と感じられるようになっていきます。


家は、自分の選択の結果を毎日実感できる場所。
だから、らせん階段のように、少しずつ自己肯定感を上げていくことができるのです。

 

行動が変わる

何か問題にぶつかったとき、ただただ不平不満を口にするのではなく、どうしたらその問題が解決するのかを探る方向に、思考が変わります。

 

思考が変わると、気分が変わって表情も変わります。
すると、人間関係も変わります。
ポジティブな人にはポジティブな人が、ニコニコしている人にはニコニコしている人が寄ってくるもの。

 

思考が変わって気分が変わって人間関係が変われば、行動も変わります。
だから、人生が輝き始めるのです。

 

まとめ

いかがでしたか。
片付けが、ただの家事にとどまらないことが、お分かりいただけたでしょうか。

 

実際に私も、片付けを通して思考が変わりました。
モノが捨てられなかった時は、周囲からの誘いや頼み事が断れない性格でしたが、今は、その都度自分と相談する癖がついたように思います。

 

片付けは、方法を知って練習すれば、必ずできるようになります。
そして、自分が本当に変わりたいと思えば、必ず変わることができます。

 

今後も、少しずつですが、昔の私のように人生が雁字搦めになっている方たちのお手伝いができたらと思っています。